2007年04月26日

ワンのおまいり

昨日、とある神社へお参りに。
にひゃく何段あるとかいう急な階段を
ぽんももたちを連れて、上がる。

ん〜、きっつい。
運動不足のうえ、この体を支えるのはきつすぎぃ。

それでも、ぽんももたちにつられて
テンポよくは上がったけど。
(でも、途中でばてる・・・)

「待ってよぉ」とは言うものの
待ってはくれないのが、うちのぽんもも。
必死で上ったよ。

神社にワンを連れていくのはダメかもしれないけれど。
(そういえば、以前出雲大社に行ったとき
 びっこのゴールデンが来てた)

お賽銭を入れて、ガラガラガラと鳴らすと
(あれ、なんていう名前なんだろ?)
ぽん太が大興奮。

キュンキュン言いながら、落ち着かなくなって
バタバタと歩き回る。
ももは、いたって平常心なんだけどな。

そういえば、ぽん太はよく仏壇や部屋の隅を
じーっと見たりする、霊感のあるコだから(勝手に決めてる)
神社に来て、何かを感じとったのかもしれない。

ももは・・・何も考えてないと思う・・・な。

下りのときは、ぽん太のリードを離した。
ぽん太は、ほとんど横道それないし
それたとしても、すぐに戻ってくるから
離しても大丈夫。

階段の踊場(?)にくるたびに、こっちを振り返るから
「いいよ、下りといて」というと、たーって下りていく。

後ろのことを気にしつつ、振り返り
声かけてもらうと安心なのか、指示を待ってから動き出す。

まーったく教えてないのに(って、何にも躾してないけど)
こういうところ、このコはスゴイと思う。

ももは、離したらどこ行くかわかんないんだもんっ。
絶対、もものリードは離せないのだっ。

   でも、お膳の上のものを勝手に食べるのはぽん太。
   反対に、こっちがあげるまでは、自分が好きなものでも
   鼻を近づけるだけで、絶対に食べないもも。
   これまた教えてないのに、ももはエライ!!

おかげで、急な階段をもものリードを持ちながら下りるから
恐ろしいのなんのって。
ももを必死で引っ張りながら、ゆっくりと下りてった。

はーっ、無事に下りられてよかった。

急な階段の上り下りで、ぽんももたちもノドが渇いたようで
ふもとに湧き出てるお水をコクコク飲んでた。
私も汗かいたよぉ。

お騒がせのお参りでゴメンナサイでした。
posted by じゃこ at 23:09| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。