2006年01月30日

初恋のきた道

ほぼ日を読んでいると『初恋のきた道』が目に留まった。
そういえば、じゃこ兄から借りたDVDたちの中に
この映画があったな…。

【 じゃこオススメ度:★★★ 】

チャン・ツィイーのかわいらしさ
景色の美しさ、物語の素朴さ……
疲れたときに観るといいかも



「えらいまた、(じゃこ兄2に)似合わんもん買っとるな」
と思いつつ観たんだけど、有名な映画だったのね…。
アマゾンのレビューを見ると、とっても評価が高いんだもの。

かわいいーっ、きれいーっ、せつないーっ

と思いながら観てたのは覚えてるんだけど
どんな話だったか、ほとんど忘れてしまっていた。
レビューを見て、なんとなく思い出したけども。


中国の映画で
青年が、昔の父親と母親の思い出を追想する物語。

父親の葬式を伝統的な形式で行いたいと言う母親。
その母親の若いころを、チャン・ツィイーが演じている。

田舎の村にやって来た小学校教師を好きになった少女は
お弁当を作ったり、教師の姿を遠くから眺めたりしていた。

村人が、交代で教師にご飯を振る舞うことになっていたが
とうとう、少女の家の番に。
張り切って、せっせと食事の支度をする少女。
そのうち、教師は少女の家を出入りするようになる。

生徒たちも、教師と少女のことを
冷やかしながらも、温かく見守っていた。

しかし、教師は町に戻らなくてはならなくなった。
戻ってくることを信じ、来る日も来る日も
町の方向を見ながら待ち続ける少女。

何回か季節が巡ったある日、教師が戻ってきた。


……そのあと、どんな話だったっけ?

ラストは、たしか
教師(父親)の葬儀だったはず。
村人が棺をかつぎ、たくさんの人々が
何キロもの距離を歩いていたシーンを思い出す。

青年は、父親を慕う人が大勢いることを知った
というようなんじゃなかったっけ?

ん〜、よく思い出せない。
まだうちにあるから、もう一回観てみようかなぁ……。


現代の物語の部分を、モノクロで少し暗めに
昔の物語部分を、カラーでさわやかに映し出している。

初めのほうは、あまりの暗さに
途中で止めようかと思ってたんだけど
本当に、少女がかわいらしくて
最後まで観てしまった……。

教師を想う少女のひたむきな気持ちに感動する。
偶然を装ったり、遠くから一生懸命見つめるところなんか
「おーっ、わかる、わかるぅ」と、感情移入したりして。

中国の農村の、四季折々の素朴な景色がまた
少女の純粋な想いを表しているようで、美しかった。
posted by じゃこ at 23:21| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チャン・ツィイー -初恋のきた道-
Excerpt: 美しいです。景色が! 可愛らしいです。チャン・ツィイー!! 美人のイメージの彼女ですが、 この作品は、ひたすら可憐です。 純粋、素朴、無垢。 もう、理想の少女像でしょう。 「LOVERS」..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2006-10-25 07:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。