2006年01月14日

スチュワーデス刑事

昨日の金曜エンターテイメントTVは『スチュワーデス刑事』だった。
私がとーっても楽しみにしているサスペンスシリーズである。

JALの客室乗務員3人組
(財前直見=飛鳥、水野真紀=由紀子、木村佳乃=瑠璃)が
日本や世界を舞台に、飛行機を使ったアリバイの謎を解くサスペンスドラマ。
今回で、シリーズ10作目であり、なぁんとファイナルなんだって!
えーんもうやだ〜(悲しい顔)終わっちゃうのぉ〜たらーっ(汗)

いまどき「スチュワーデス」なんて呼ばないから?
水野真紀が、もうこんな軽い役はしないから?
寂しい……。
(公式サイトでも「寂しい」とか「終わらないで」という投稿が
 たっくさん。やっぱ、ファンが多かったんだなぁ)

今回いきなり、由紀子が結婚してる設定になってた。
しかも、二枚目ばっか追いかけてたのに
だんなさんは、整備士という役の石ちゃん。
(苗字が丸山で「まるちゃん」だって〜)
機内で出会った恋ではなく、食堂での恋だってさ。

今回は、その石ちゃんも推理に一役かってたね。
整備士の視点で、スルドイとこをついてた。

前半は、イマイチおもしろくなかったけど
後半は、まぁ納得できる話だったかな。

ラストは、3人がバラバラになってしまいました。

由紀子は、まるちゃんの千歳空港の転勤についていき
そこで出産準備を。
瑠璃は、ロンドンに住む両親と一緒に住むために
ロンドン支局へ異動。
飛鳥は、妊娠発覚とともに、刑事の圭司(村田さん)の
なんちゃらっていう島への転勤が決まり
一緒についていくことに。

飛鳥のお父さんが、2人を送るシーンで終わり。


ファイナルだから、誰も殺されることなく
きれいに終わったのかしら?
陣内孝則と大杉蓮という豪華ゲストだったし。

10年間(毎年新春の放送)で、みんな1つずつ歳を重ね
飛鳥は、ソムリエの資格をとったり結婚したり(シリーズ5で結婚したみたい)
1年に1回しかないのに、それぞれ成長してるのがスゴイ!!
ドラマの中の登場人物なのに、生活してるんだなぁって思わせてくれる。

過去の放送を調べると、ちゃんと1回目から見てるよ、私。
石黒賢が出てたの覚えてるもの。
(話はまったく覚えてないけど)

あー、ホント残念。さびしーよーっ。

あとの楽しみは、名取裕子の早乙女千春のシリーズだわ。
posted by じゃこ at 23:05| 鳥取 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「スチュワーデス刑事 final」
Excerpt: 「スチュワーデス刑事」がたうとう終はつてしまつた。 好きなドラマだつたので殘念だ。 このドラマ、財前直見、水野真紀、木村佳乃のスチュワーデス3人が、 スチュワーデスならではのマニアックな知識で殺人事..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-01-15 13:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。